♯黒板エッセイ

【毎日更新】デジタルエッセイ【週刊】学年主任から見た学校

教員11年目。エッセイは毎日。数十年後の出版に向けて、メッセージを週1で更新しています。

NO.364「時に及びて当に勉励すべし」

おはようございます。
最初にお知らせです。
しまった、学校へ用具を忘れてしまった!という人
私が12:00ぐらいまでは学校を開けていますので
取りに来てもらってOKです。
電話も個人チャットも使えませんので
このチャンスしかないと思います。
 
さて、今回の中間考査に向けて
学習はできているでしょうか。
タイトルにある通り、
「時期を逃さず努め励むべきである」とは
まさに今のことを言います。
中間考査で赤点を取った生徒へは
何らかの形で面談や集会、場合によっては指導を
行いたいと考えています。
 
必死に取り組みましょう。
やる気が出ない人は、まず着替えなさい。
まず勉強机に向かいなさい。
靴を履きなさい。
地域の図書館へ行きなさい。
 
行動が心を作ります。
やる気が出ないからできないのではない。
行動していないからやる気が出ないのである。
 
この土日の追い込みに期待しています。


令和5年5月20日(土)

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。クリック応援も引き続きよろしくお願いします。
↓↓↓

にほんブログ村 教育ブログへ