久々に会う

こんばんは。久々に前任校の教え子と食事しました。それぞれに悩みがあるようで、何も解決はしてあげられないですが、私の経験を話しながら、いろんな人のいろんな考えに思いを巡らせました。

どうしてもうまくいかないときには、なぜ私のことを分かってくれないの?と思いがちです。その発想は本当によく分かります。ただ、分かってくれない人も、その人なりにいろいろと考えてくれてるのではないか。私はそうも思うのです。いろんな人の思いを考えて、自分はどの立場にも立たず、見えていない部分に気づいてもらおうとする。自分がないという意味ではダメなのかもしれませんが、時として自分を出さない方がうまくいく、なんてこともあるのかなと考えてしまうのです。

 

平成30年7月23日 夏休み3日目 夜のつぶやき