♯黒板エッセイ

【毎日更新】デジタルエッセイ【週刊】学年主任から見た学校

教員11年目。エッセイは毎日。数十年後の出版に向けて、メッセージを週1で更新しています。

NO.11「先見のすゝめ」

おはようございます。検尿の提出場所が教卓になっていましたが、なんとなく恥ずかしく思ったので黒板クリーナーの横へ移しました。ほんの少しのことですが、いろんな人の気持ちを考えて行動に移すことって、とても大切だなと改めて感じた瞬間でした。
最近、ST前の様子を見ていると、今それをやるとみんなを待たせてしまうのになと思う場面がよくあります、こんな時に意識して欲しい言葉が「先見(せんけん)」です。これは、いついかなることが起きたとしても予定通り行動できるよう日頃から備えておくことを表します。朝寝坊しても忘れ物をせず学校に来られる人って、前日にどんな準備をしているのでしょうか。何事も時間を大切にするための下準備が必要なのです。


令和3年4月21日(水)

いつもありがとうございます。クリック応援も引き続きよろしくお願いします。
↓↓↓

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村