俳句を始める

『夏井いつきの超カンタン俳句塾』

という本を読みました。

そこで初心者でもできる俳句の作り方が書かれていました。

①俳句の種を作る

季語とは関係のない十二音のフレーズを、俳句の種というそうです。これを生活している中でどんどん貯めていくことが大切なのだそうです。

②俳句の種に合うイメージの季語を付け加える

十二音で悲しそうなら悲しい気分を表す季語を、楽しそうなら楽しい気分を味わう季語を伝えるのだそうです。

 

季語は歳時記から探さなければなりませんが、たった十七音に映像と想いを込められたら、きっと今見ている世界も変わるのだろうと思っています。

定期的に作品を作って、俳句ポスト365というサイトに投稿したいなと思います。