日本国憲法

シェークスピアの言葉に

「今が最悪の状態」と言える間は、まだ最悪の状態ではない。

というものがまさにそうだと思いました。最近はあー最悪だーと呟くことが多くなりましたが、ついこの間まではしんどい、無理、ダメだが口癖だったからです。どうやら最悪を抜けたようで安心しました。

雑談はさておき、今回のテーマは憲法です。安倍総理が2020年という具体的な期日を示して憲法改正に言及したことは様々な所で話題になりましたね。私が憲法も含め、初めて政治について考えをきちんと持ったのは、確か高校2年生の時でした。フェイスブックで友達になっている杉村くんらと東京の国立オリンピック記念青少年総合センターで政治について熱く語り合ったことがきっかけです。詳しい内容までは覚えていませんが、確か憲法を専門に話し合う分科会と合同で話す機会があって、結論として憲法改正に前向きだったように記憶しています。

私は教員になったので、学校内で憲法について言及する場合、細心の注意を払います。そうは言ってもやはり、憲法改正について賛成か反対かを話すこと自体タブーにしてはいけないと思うのです。賛成ならばどこをどういう風に変えるべきだと思うのか。反対ならば賛成派が納得するような解釈の仕方はどんなものかを話せるようにしておくべきだと思うのです。それが中学生でも高校生でも。