不満を言わずに働け

私の大学時代の師匠からの言葉です。
若い時には、若いという理由だけで色々な仕事を任されることがあります。そして管理職はそれを、不満を言わずにやって欲しいと期待しているそうです。
ベテランには無理なお願いはできない。そうは言っても、不満を言う人には任せることはできない。だから、若い君は不満を言わずに、どんな仕事でも「はい」と返事をして喜んでやりなさい。
この言葉は、愚痴を言う度に思い出して、これじゃいけないと何度も自分を反省させるきっかけとなっています。
以前ゆとり世代について書いた時にも触れたことですが、私たちは考える世代なので、この仕事は私でなくともよいのでは?と考えてしまいます。でも、相手が直々にあなたに!と指名してくれているならば、例えゴミを捨てる仕事でも笑顔でやらねばならないと思います。
納得いかないことがたくさん起きます。でも、「不満を言わずに働け」を常に心がけてやっていきたいと思います。