ジレンマ

人は様々なジレンマを感じながら生きている。勉強しなければならないけれども遊びたい、痩せたいけれども食べたい、などなど。それらの気持ちを言う時は、おそらく誰かにどちらか選んで欲しいという気持ちがあるのではないか。
例えば、私が眠たいけど仕事したいとブツブツ独り言を言っていると、決まって母親は「寝りん!」と言ってくれる。そしてその一言をきっかけに布団に入り、次の日の早朝に仕事を回す。
ジレンマを感じることは誰しもがあること。ただし、それを不満だと捉えられることもありうる。ダイエット中に、ラーメンを食べたいと言って、「もう食べればいいじゃん」と怒られた経験がある。ちょっと相談、ちょっと話を聞いてもらう、このコミュニケーションを色々な人としておく必要があるのだと思う。