切符販売機

昨日は電車に乗りました。久々のことだったので、一万円札は使えるか、いくらかかるかなど、迷った所がたくさんありました。そんな中、一つ気になったことがありました。
片道550円だと分かった私は、一万円札を入れました。その後50円玉を入れようとしたら、何ということでしょう。もう入れられないではありませんか。
これはどの鉄道でも同じなのかと疑問に思いました。
しまった、先に50円玉入れておけば良かったと思いながら、450円を財布の中に入れました。こんな自販機エピソード誰でもあると思います。
500円玉を手に入れようとして1200円を入れたら、案の定100円玉が5枚になったとか、絶対に認識してくれないお札や小銭があるとか。
それを思うと、やはり人間がやるべきことと、機械がやるべきことをはっきりさせておかなければいけないのかなと思いを巡らしました。