発表会に臨む前に

◯全体へ向けて 私は去年まで発表の指導をやってきました。その経験を生かして、発表会の前に少しだけ時間をもらって発表を聞く時に心がけてほしいことを話したいと思います。そのためにワークシートも用意しました。見てください。そこには2つ、心がけてほ…

部活動への思い

私は少年野球、中学校含め8年間野球をやって来ました。少年野球の時は、毎回試合に出してもらってひたすら野球のことばかり考えて過ごして、バッティングセンターにもたくさん通いました。 中学校に入り、顧問の先生から実力がなければレギュラーにはなれな…

◯◯◯

世の中で一番大切なもの、それは◯◯◯だと思います。私の専門科目である国語は答えとなる部分に◯◯◯、答えを導き出します。 人として当たり前にできること、これを常識と言います。言い換えれば、人がこれをされて嬉しい、不快になるという事実に◯◯◯、それを理…

青少年赤十字のこと

今日は愛知県の青少年赤十字高校メンバー連絡会へ参加しました。久々の高校生と思っていましたが、1年生を見ると、中学生とそんなに変わらないなぁと思い、不思議な気持ちになりました。 さて、今日のテーマは災害でした。東北の方々は被災された時に全てを…

人のため、自分のため

自分のために生きてきた自分が、本気で人のために生きようと決意したのは社会人2年目のこと。当時の上司が全国大会の実行委員長として働く姿を見てからでした。 全国大会では内田樹さんが記念講演をされました。その話をされている時、記念講演を聞かずに働…

日本国憲法

シェークスピアの言葉に 「今が最悪の状態」と言える間は、まだ最悪の状態ではない。 というものがまさにそうだと思いました。最近はあー最悪だーと呟くことが多くなりましたが、ついこの間まではしんどい、無理、ダメだが口癖だったからです。どうやら最悪…

丸読みの謎

高校生を相手にしていた時のこと。本文の音読の方法を彼らに聞いていました。 彼らは「丸読み!」と答えていました。「丸読み」とは、文の句点つまり「。」が来たら読み手が交代する音読法です。私はこの音読を中学校の先生が教えているものだと思っていまし…

気づきを大切に

新年度が始まってから3週間、始業式から2週間が経ちました。初日から歓送迎会、立て続けの会議、意味不明な言葉や習慣の数々。ご飯が喉を通らず、胃薬を飲みながらお粥を食べたこともありましたが、ようやく慣れてきました。今までの仕事がいかに楽しく、自…

離任式に際して

皆さんに1つだけ伝えるために今日は来ました。私は総合企画部として、産業社会と人間、総合的な学習の時間を考えてきて、ずっと答えが見つからない言葉がありました。 自分は何ものであり、何のために、何に向かって、何を学ぶべきか この言葉は、今の3年生…

年度末、異動を前に

今日は勤務校最後の日でした。残念ながら全く仕事ができませんでした。たくさんの卒業生が会いに来てくれたからです。どなたかに会うついでに私に声をかけてくれた程度だと思いますが、僕に会いに来てくれた!と感じることができました。 以前、担任としての…

孤独死

ご近所さんが亡くなった。ひっそりと自宅で、一人ぼっちだったようです。その方は私が大学時代、アルバイトをしている時に、よく話しかけてくださった方でした。 ある時、私に向かって「私は宇宙と交信ができるの」と話し、この人は何者なのか?と疑ってしま…

リーダーズIIを観て

リーダーズとは、TBSドラマのタイトルで3年ぶりにシリーズとして戻って来たストーリーです。 主な舞台は愛知県。そして工場は我が故郷、愛知県豊田市です。そう、トヨタ自動車の苦悩を描いた物語なのです。

人間力

先日久々に大学の恩師の家へ行き、ご馳走になりました。仕事からプライベートまで様々な話題に及び、4時間近くお邪魔していました。大変ご迷惑だったと思いますが、ご夫婦ともニコニコされていたので本当にありがたく思いました。 さて、その中で特に気にな…

教え子の闘争

今日、第一志望大学の後期試験合格発表があった。私は同僚の先生とともに岡崎にある岩津天満宮へお礼参りに向かっていた。 車を運転しながらまだか、まだかと待ちながら連絡を心待ちにした。 昼食を食べようと店に入り、一息ついたところで、着信履歴がある…

飲み会についての考察

先日友人のブログを読んで、何かモヤモヤした気持ちを抱えたまま数日間を過ごしました。昨日、信頼できる友人たちと食事をした時に思ったことがいくつかあったので書き記したいと思います。 友人のブログです。↓↓ http://www.meg2.net/entry/2017/03/11/1715…

トランスジェンダーについて

先日、「彼らが本気で編むときは、」という映画を観てきました。 http://kareamu.com/sp/about/story.html このストーリーはトランスジェンダー、育児放棄、認知症を抱える登場人物に対しての私たちの認識の在り方を問題提起するような作品でした。私は元々…

担任最後の言葉

みんな、お疲れ様でした。やっぱり泣いてしまいました。笑 こうやって終えられたことを本当に良かったなと思います。 <中略>書類等の配付を行う では最後に、みんなに向けて最後のメッセージを送ります。「ひとりだち」という言葉があります。この言葉は、世…

卒業直前

いよいよ3/1に卒業式を迎えます。初めて教員として3年間持ち上がってきて、本当に充実していました。 3年前、2年生、3年生と副担任として持ち上がってきた時、担任団としてこの学年のために何かしたかったという思いを強く感じました。特に私は当時プレゼン…

送る会

今日は定年を迎える先生方の送る会でした。約70人の方が一堂に会して、盛大に催されました。私も久々に会う方がたくさんいらっしゃって本当に充実していました。 こうやって送られる立場になった時、自分はどれだけの人に祝ってもらえるのだろうと思うと、ま…

おもてなし

こんばんは。昨日、4ヶ月遅れの誕生日プレゼントを女性陣からいただきました。本当に感謝です。ありがとうございました。 人の優しさに触れることはよくあります。特にそれがたまたま出会った人ならば余計に嬉しく感じます。あるサービスエリアのスタバでは…

ルーティーン

こんばんは。先日、HRの生徒の1人が「先生!帰りのSTをやりたいです」と言ってきました。彼は教員を目指しているのではありません。毎日私のモノマネをすべく徹底的に研究しており、その成果を見せたいということでした。 副担任の先生にも許可を取って、い…

インフルエンザ

こんばんは。今日は久々に外へ出かけたのでもう眠いです。少しだけお話ししましょう。 1週間前からインフルエンザが大流行しました。おかげで至る所で代役を務め、正直しんどいなと思う場面も何度かありました。でも私は全く健康上問題なく、自分の周りにも…

生徒から見た先生

こんばんは。昨日生徒と、先生の評判について話をしていました。建前だと思いますが、先生は一生懸命な良い先生ですとも言ってもらいました。例え嘘でも嬉しかったです。 彼ら(彼女ら)の話を聞くと、先生に不満を持つ瞬間で圧倒的に多いのは、面倒くさがる反…

褒めちぎる教習所は本当に時代に合っているのか?

こんばんは。センター試験が無事終わりましたね。私は寒さに震え、アスファルトの上でヘッドスライディングを決め、両手に大きな傷を負いました。皿洗いができませんでした。ごめんなさい。 さて、テーマにあるものはフジテレビのフルタチさんで扱われていた…

センター試験

こんばんは。今日はセンター試験でした。私の感覚では地歴公民2科目受験から始まるのがセンター試験だと思っていましたが、必ずしもそうではないようです。 私が約10年前にセンター試験を受けた時には、とにかく必死でした。だんだん疲れてきて、それでも目…

AI教師は脅威か?

こんばんは。先程ぼーっとNHKニュースを見ていたら、AI教師のニュースが取り上げられていました。以下の記事はNHKではないですが、その内容です。 https://r25.jp/it/00052246/ AIは発展を続け、やがて人間はAIに操られる時代がやってくると言われており、危…

小説 君の名は。

こんなにも昨年話題になっていたのに、小説はおろか、映画さえ観ていなかったので、小説→映画の順で観ようと思いました。映画は一人で行くのが寂しいので、一緒に行ってくれる人を探しています。映画が間に合わなかったらDVD買います。 内容はネタバレになっ…

医師のつくった「頭のよさテスト」

同僚の先生からお借りした本です。 とても難しい内容だったので時間がかかってしまいました。 人には認知特性があり、それを把握して活かせる仕事に就いていれば能力が発揮されるという内容でした。6つある特性は①視覚優位者 写真タイプ②視覚優位者 三次元…

2年目

あけましておめでとうございます。 このブログを始めてからちょうど1年になりました。年始に相応しく、どんな1年にしたいかをお話いたします。 昨年は占い師によると、大成の年でした。今までやってきたことが全て身を結ぶ年だということだったようです。 し…

クリスマス会

第2話です。 ボランティア活動に力を入れる生徒たちが挑む今年最後のボランティアが、クリスマス会の運営です。 この活動は、施設側のご厚意で生徒たちが10月の挨拶から数回の施設側との打ち合わせ、当日の運営まで全て自分たちで行なっています。(もちろん…

災害

今日は2本の話を書いてアップします。アクセス分析を見ると数が増えているため、その人たちの期待に応えるためにもできる限りのことをしたいと思います。 まず1本目は災害です。災害と聞くと、地震による被害、避難生活を想像しがちですが、それだけではあり…

産業社会と人間

こんばんは。今日で二学期が終了しました。先程ブログを見たら、私を騙る人物が勝手に投稿していたので訂正版として更新です。 今日のキーワードは「自分は何ものであって、何に向かって、何を学ぶべきか」です。これは総合学科1年生が必ず履修する産業社会…

逃げ恥

こんばんは。ついに終わってしまいました『逃げるは恥だが役に立つ』私も恋愛下手なので、共感する部分も多く、私も契約結婚からの本物の結婚を!という意味不明な妄想を膨らませております。 実際の恋愛では、自分に余裕がない時と相手に余裕がない時が重な…

しかけ その後

本日無事終えることができました。おかしな日本語ですが、期待通り期待を裏切ってくれました。各々がイキイキと自分の想いを語る姿は、私の短い教員人生の中で一番感動的な瞬間でした。ユーチューブにアップしたいほどでした。 今日の日を思い描いて常に努力…

しかけ

現在同じ職場で最も信頼する先生とゆっくりお話しする機会がありました、前回の役割にも通ずる話で、私の出会う方々は、私の中だけで留めておくのはもったいないと思ったのです。今日も読む方々の小さな気づきが得られたらなと思い、執筆いたします。 その先…

役割を担い、役割を果たす

役割という言葉って難しいなと思います。役を割るという言葉なのに、平等に割り当てられることなく、期待値の高い人にばかり仕事が集まっているような印象を受けます。平等ではなく、公平だとボランティアの時に教えていることを思い出します。 私はまだ人の…

落語研究会

先日は鞄の件で大変ご心配をおかけしました。無事、何の被害もなく解決できました。 さて、今回は落語研究会、通称おちけんについてです。私の出身である愛知大学落語研究会は今年50周年を迎えました。1年生の入りたての頃は4年生が遠い存在のように感じまし…

紛失の歴史

私は幾度となく物をなくしてきました。そのほとんどは大学生の頃である。例えば財布、ケータイ、パソコン、定期券などなど。 今回は鞄ごと紛失という衝撃的な紛失でした。いつかはやると思っていたから、ついにこの時が来たかという気分です。 思い返せばそ…

大学生

久々に母校の愛知大学へ行って来ました。教員を目指す学生たちが真剣に模擬授業をし、生徒役に徹していました。それを見て私ももっと教材研究しないとなと思いました。 その中で気づいたことがありました。それは学生が真面目過ぎるということです。私も仕事…

考えるための道具

ブックレビュー?書評です。 今回は『考具』加藤昌治 CCCメディアハウス です。 http://books.rakuten.co.jp/rb/1542771/ これからの時代は、どれだけの知識があるかということばかりでなく、どれだけのアイデアが出せるかが大切になってくる時代です。そん…

ダイエット

こんばんは。最近アクセス数が増えているようです。記事が支持されているのか、攻撃の対象とされているのかどちらなのでしょうか。どちらにせよ、読む人が増えている訳ですから期待に応えて今日も更新です。 近頃急激に身体が重くなったので風邪かな?と思っ…

文化の日

こんばんは。今日も暇だったので更新です。文化の日は由来が考え付かなかったので、観念して調べました。すると、やっぱり由来はありませんでした。 元々日本国憲法の交付日であった今日は、それまでは明治節、つまり明治天皇の誕生日だったと言われています…

先見の明

先見の明がある、という言葉があります。よく「先見の目」と誤って使われることが多い言葉です。 学校で仕事をしていてよく思うのは、優れた先生は、先見の明がある人だということです。それは、単に先を見通す力を持っていて仕事ができるという意味でなく、…

行きつけ

私には行きつけの店が3店舗ありました。しかしこの度の事件で、1つは外すこととなりました。 そもそも行きつけの店とは、暖香 豊田逢妻店、竜泉寺の湯 豊田浄水店、ともう1つでした。 最後の1つはラーメン屋で、もともと接客が良くないことで有名でしたが、…

ゆとり

またゆとり世代をバカにする番組をやっていた。ゆとり世代の非常識なことを取り上げて批判する上の世代も、それはゆとりだからと開き直るゆとり世代も嫌いだ。そんなことしてるからこの国が悪くなる。腹が立つ。 もっと前向きな番組が作れないのか。本当に腹…

無常観

こんばんは。今月末、方丈記を題材とした研究授業が決まっています。方丈記といえば、私が教育実習で行なった思い出の単元です。そこで今回は無常観についてお話しします。 無常観とは、簡単に言えば「世の中のもの全ては変化する。不変のものは存在しない。…

井村雅代コーチの結果を出す力

久々に本を読みました。表題の通りです。 この方の本は一時間で読めてしまいました。様々な名言が収録されており、教室にいくつか貼っておこうと思ったほどです。 例えば、「できない」わけがない。なぜなら「できるまでやる」から。 チームのレベルは、中間…

協賛金

先日出身大学の落研から、50周年記念総会のお知らせが来ました。これは出席せねばと思って会費10000円を振り込みました。そのあと気づいたのです。会費は当日支払いで、振り込みは協賛で広告を載せたい人はお願いします!という類のものだったことに。 まぁ…

キャリア教育 その5

最終章です。今まで学校の制度上に限って、キャリアプランニング力を高めるカリキュラムを紹介してきました。 しかし、実際に実践力をつける活動、つまり様々な人と関わる機会が多いかと聞かれれば、不十分と言わざるを得ません。そこで、最終章としてボラン…

キャリア教育 その4

シリーズ第4弾です。約一カ月に更新して以来、全く忘れていました。しかし、先日出身大学より講演の依頼を受け、思い出しました。 前回までは1年生、2年生の取り組みを紹介しました。今回は最終学年である、3年生です。本校3年生は全員が課題研究を行います…