漢文記念日

1年3組のみんなが、漢文習ったことないって言ったから、12/4は漢文記念日。

こんにちは。先日、中学1年生に初めて漢文を教えました。その時に話したことを少しご紹介します。

 

今日から得体の知れない漢文をやっていくのですが、そもそもなんでこんなものを国語の時間にやるのでしょう?ヒントは、歴史です!

(何人かに答えさせる。遣唐使が出てくる。)

 

お、良い答えですね。遣唐使って何のために派遣されたの?そうだよね。中国の色んなことを学ぶためだよね。この色んなことっていうのは、政治だったり文化だったりします。何でも吸収したろっていうのが日本人の良いところだよね。

それで、中国へ行ったり中国から持って帰ってきたりして手に入れた文章。読める?読めないよね?だから、日本人は考えたわけ。

ここでみんなに聞くんだけど、この漢字ばかりの文章をどうやって読む?2分あげるわー、話し合ってみて!

 

どう?思いついた?無理だったかー。まぁ僕も無理だ。笑

でもね、素晴らしいものを開発した人がいるんだよ。この漢字の右下に送り仮名つけよう。左下に順番を表す記号をつけよう。そうすれば、誰でも中国の言葉が読めるじゃんってね。

どういう風に今の形になったかは分からないけど、きっと今のみんなと同じように、漢字ばっかりの文章を読むために色んな方法を試して、開発したのは間違いないと思うよ。そうやって、中国からたくさんのことを学んで、それを生かしてたくさん歌を詠んだり言葉を作ったりしたから、漢文は昔の人たちにとっての古文だったのね。

つまり、古文は昔の人たちの言葉が今に通じているから勉強するし、漢文も同じように今に通じている言葉がたくさんあるから勉強するんだよ。じゃあ、具体的に見ていこうか。タイトルは矛盾です。…

 

みんな目をキラキラさせて漢文を知りたいという気持ちになってくれていました。なかなか返り点(レ点、一二点など)が理解してもらえませんが、先のことを考えて、頑張って定着させようと思います。

原点回帰

1年ぶりに大学の研究授業大会に参加。 単に、後輩の顔を見に行こうと思っていたが、それ以外にもたくさん得るものがありました。

①授業に対して、もっと真剣に向き合うべき。

今年2年目の先生の授業を受けて、もっと目の前の生徒のことを思って授業構成をしなければならないことを実感しました。私の勝手な見方では、彼は普段から長期的な見通しをもって授業を作っている印象を受けました。それは、私が忙しさにかまけてサボっている部分だと気づかされました。

 

②先生になりたい思いを思い出すべき。

先生はこうあるべきだ。そんな意見が多く聞かれ、教員採用試験の時に感じた不安や、高い志を思い出しました。自分はここから出発したのだと思い知らされました。

 

③自分の経験を語るべき。

自分はひょんなことから高校から中学校へと異動しました。そのことを生かして中高の違いを改めて感じることができました。自分に今できること。それは、両方の経験を踏まえて、それぞれの学校ですべきことは何かということをしっかり考えて行動することだと思います。

 

いずれのことも、当たり前のことですが、今日参加して言えることは、職場を離れて自分の歩んで来た道を辿ることが一番の研修だということです。キャリア教育にも言えることで、自分は生涯にわたって何がしたくてその仕事に就いたのか。そのために日々どんなことに気をつけて生活していくべきかを考える必要があります。現役生に語り続けるためにも、色んな経験をしなければならないなと再確認した1日でした。

 

スマホの充電

スマホが新しくなってから、どれだけもつか試してから5日目。とうとう7%になってしまいましたが、途中から自動的に節電モードへ突入したため、もう少しもちそうです。

ただ、節電モードということは何かを制限しているということで、いつも通りではなくなっています。これは普段の生活にも言えることではないでしょうか。

毎日を120%出して、週末何もせずにひたすら充電する。一見、最大限パフォーマンスできているように思えますが、全く何もしない日があっては積み上げてきたものが無駄になってしまうのです。それならば、80%でこまめに充電しつつ毎日続けていくことの方が効率的だし、効果的なのです。持続可能な生活習慣をいち早く身につけられると良いですね。

補足

スマホの充電は、まだたくさん残っている状態で充電をすると、バッテリーが早く悪くなってしまうそうです。頑張っていないのに、充電するのもいかがなものかなと思います。

 

感謝とは

おはようございます。

昨日の道徳*の感想を読んでいて

「迷惑になるくらいなら、何もしない方がマシ」というものがいくつかあったので、言っておきます。

そのことは、他人が間違った行動をしていても、見て見ぬ振りをすることと同じだということです。あなたたちは、そんな冷たい人になるのですか?

「情けは人のためならず」

これは、人のことをよく考えて思いやりのある行動をしたら、巡り巡って自分に良い形で返ってくるという意味です。私はこの言葉から、「感謝は意識して人に伝えるものではなく、感謝は意識して行動したことで人から伝えられるもの」だと思っています。卒業する前に一人一人にメッセージを書いてもらいます。みんなから◯◯の時は、ありがとう!と書いてもらえるように頑張って生活できると良いですね。

 

 

*ありがた迷惑をテーマに、被災地へ千羽鶴や応援メッセージを送ることは自己満足なのではないかということを考えさせた授業。

 

 

 

勝負に勝ちはしたのだが…

おはようございます。昨日はおめでとうございました。
写真、1枚だけ印刷できたので飾っておきました。1人1人へは明日配ります。
トロフィーと写真・・・やっぱり最優秀賞は嬉しいですね。

そんな嬉しいことに水を差すような話ですが、気づいたことなのでここに残しておこうと思います。
昨日、撮影した動画を早速、例のスピーカーを使って聴いてみました。するとどうでしょう、今まで撮りためた動画と比べて、一番下手ではありませんか。なんだこれは!と耳を疑いたくなるような出来だったことが分かりました。(あのときは良いと思ったんだけどな・・・)

あなたたちは、合唱コンクールという本番で力を出し切れなかったことを考えると、もしかしたら「本番に弱いタイプ」なのかもしれません。いや間違いなくそうだと思います。だから、入試も力を出し切れずに終わる可能性が高い、そんな気さえします。
でも、私が言いたいのは、「だからあなたはダメな人間だ!」ということではありません。
「あなたは、本番に弱くても、目標を達成できるだけの力をもっている!」ということです。

先ほどの合唱で言えば、実力が出せなくとも最優秀賞を取るだけの(会場をざわつかせるほどの)歌唱力はもっていたということです。今考えてみれば、これはすごいことです。
これからはいよいよ受験に向けて本格的に動いていきます。目前に迫ったSテスト(瀬戸市統一テスト)、期末テスト・・・。

そして本番は、一番早い人で1/30(あと97日)、遅くとも公立高校入試が3/8(あと134日)です。もしかしたらこれ以外にもたくさんの模試があって、その都度、思うような結果が得られないことだってあるかもしれません。
けれども、一喜一憂してはいけません。自分の力を出し切らなければならない場面で、一番大切なことは、焦らずに今までやってきたことを信じて「失敗したとしても達成できるだけの力を自分はもっている」と自信をもつことです。
今日から教室にお守りを置きます。みんなが第一志望校に合格できるよう、私がお祈りするためです。宗教的な問題があるため、みんなでお祈りしようとは言えませんが、お守りを見て、頑張るぞという気持ちで生活してもらえると嬉しいです。

 

平成29年10月25日 合唱コンクール最優秀賞の翌日の学級通信より(先行配信)

合唱コンクールまであとわずか。

昨日家へ帰る車の中で、体育館で撮った動画を流して聴いていました。初めて撮った音楽室。みんな声を出すことに必死で、とっても苦しそうに歌っていました。私も聴いていて苦しいなって思っていました。次に聴いたのが体育館でのリハーサルのときの声。バランスが取れているのですが、アルトが聞こえない。キレイなんだけれど、やっぱり他クラスと差が少しだけといった状態のように感じました。3,4個目は教室。だんだん声が出てくるようになって、その声色も清らかに美しいものに変わっていきました。5、6個目は昨日の視聴覚室。そして最後に体育館。思わず聞き入ってしまうほどの美しい歌声に、私の身体は震えっぱなしでした。
 思えば朝の雰囲気も変わってきましたね。初めはなかなか歌い出しに時間がかかっていたのに、最近では教室に入るとパートごとに話し合いが始まっていて、車座を作って話し込んでいるみんなを見ていると、あぁこのクラスの担任でよかったなとつくづく思いました。他のクラスから聞こえてくる「2組はいいな」という声も、「2組は絶対最優秀賞だね」という声も、このクラスの1人1人の頑張りのおかげだと思います。本当にありがとう。
 今日は最後の音楽の授業、そして実質最後の全体での合唱練習です。天気予報では、午後には晴れると言っていました。もしみんなが嫌じゃなければ、ラジカセに電池を詰め込んで外で歌いませんか?外は声が響かないけれど思いっきり声を出して気持ちよく終われると思います。今日一日が最高の形で終わりますように。そしてみんながお互いのことを思いやれますように。

2017年10月20日 学級通信より

切り替え

私は他のクラスと比較することは嫌いですが、みんなの気づきのヒントになると思うので、あえて他のクラスがどうだったか話します。

5組は朝7:30の時点で机を全部後ろに運んでいました。何が始まるのだろうと思ったら40分から合唱練習が始まりました。4組は7:35の時点で何人か集まっていましたが、全員が集まる雰囲気はありませんでした。7:45頃覗きに行ったら集まった人だけでパート練習をしていました。

我が2組は、7:50時点で10人以上集まっていて、CDが流れていましたが、練習をしようという人はいませんでした。これは、私が朝練やっていいよ!と言わなかったから集まらなかったのだなと思って見ていました。

その後、8:05になり、全校集会のために整列はいつにするのだろうと思って見ていました。その瞬間、4組、5組が整列して2組の前を通過していきました。慌てて準備して、遅刻こそしませんでしたが、やはり準備不足は否めませんでした。

私が以前から、切り替えをしなさいと何度も言っていることはよく分かっていると思います。ただ、勘違いしていませんか?切り替えとは、その場限りで雰囲気を変えることだけではありません。次の行動にさっと切り替えるためには、必ず事前の準備が必要です。合唱練習も、整列も、課題回収も、授業準備も…。それらをスムーズに切り替えて行動するためには、先を見据える力が必要です。せめて中学卒業までに身につけてもらわないと、特に高校では苦労します。どんどん取り残されていきます。今週1週間は、先を見据えて行動し、切り替えを早くすることを心がけましょう。

 

2017年10月16日 全校集会後の朝のSTにて