dzweb8823’s blog

中学校に勤務しています。毎朝黒板にメッセージを書き、週末にアップしています。

NO.31「女の子からの手紙」

おはようございます。今日で3年生のいない1週間が終わります。1年生のサポートや野外活動の準備、そしてテスト直しなどやるべきことが多かったように思います。まだまだ課題は多いですが、目の前のことを1つ1つ丁寧に取り組んでいきましょう。今日は疲れ切っている皆さんへ、7歳の少女が書いた手紙を紹介します。

 

みんなにはひみつだけど、先生にだけおしえてあげる。

 わたしは、先生より先におかあさんになりました。

 だれのおかあさんかと言うと、虫のおかあさんです。

 それも五しゅるいの虫のおかあさんです。

 子そだてはむずかしいですが、かわいいなとおもう気もちと、せい長してほしいきもちが、あわだてきでまぜられてるようです。

 これからも子そだてがんばります……

 

産休に入られる先生に向けてのメッセージ。あなたはどう感じましたか?

 

令和元年5月24日 朝の黒板メッセージ

NO.30「記録的温波到来」

おはようございます。トーチ担当はリハの日が迫り、その他の実行委員も準備が大詰めとなりました。本番に向けて、担当のある人もない人も自分がいつ、どう動くかを予め考えておきましょう。

今日は天気についてです。予報を見ると、今日から週末にかけてとても暑くなるようです。何でも、中国から温波が来て全国的に真夏日(30℃)となるのだそう。特に体育や部活動では、体が疲れていると、あまり水分のことは考えずに活動していて、欲しいと思ったときにはもう遅いということがあるかもしれません。こまめに水分補給を。

 

令和元年5月23日 朝の黒板メッセージ

NO.29「名字が先か名前が先か」

おはようございます。今日から合唱練習が始まります。昨日の音楽では、5クラスで一番元気がよくて、声が出ていたとお褒めの言葉をいただきました。5組がマルチホールの後ろから大きな声を出してくれれば、みんながつられて大きな声を出せます。頑張りましょう。期待しています。生活のあゆみ、課題は配膳台へ置きっ放しでOKですからね。

今、国の偉い方々が「氏名のローマ字表記は名字を先にすべき」と考えているようです。元々、明治時代から「名・姓」の順で書いたり話したりしていたようなのですが、東京2020を意識して、中国や韓国にならって、変更すべきだということです。この問題で大切なことは、本当に名前の順番だけなのでしょうか。名字が先の場合と名前が先の場合とで、人々の印象はどう変わるのでしょうか。

 

令和元年5月22日 朝の黒板メッセージ

NO.28「PDCA」

おはようございます。出張から戻ってきたら、衝撃を受けました。掃除道具箱のほうきが乱雑に置かれ、正確な集配ができておらず、名札を返していない人もいて、挙げ句の果てに背面黒板の時間割とは違う内容がホワイトボードに書き写され、それに誰も気づいていないこと。やはり、あなたにはこのクラスがまだよく見えていないようですね。

今日の6限には成績個票を返却します。そして「学習のふり返り」を書きます。二度と同じミスをしないためにふり返るのです。これをPDCAサイクルと言います。

Plan(計画)Do(実行)Check(評価)Action(改善)

特にCとAが今回やることです。これらが自然とできるようになれば、成績はぐんと伸びます。5年間使える大切な考え方です。しっかりと身につけましょう。

 

令和元年5月21日 朝の黒板メッセージ

NO.27「最上級生」

おはようございます。野外活動まであと15日となり、いよいよしおりが配られる段階までやってきました。スタンツはもちろんですが、その他にも必要なものは何かを考え、先見する1週間になりそうですね。

明日から3年生が修学旅行へ行きます。天気が心配ですが、それぞれが立てた目標・計画通りに3日間を過ごすのだろうと思います。1年後、県外で自分から学びを求めて行動できるように、また部活動や登下校の時などに先輩らしく行動するために今週1週間を大切にしてください。

 

令和元年5月20日 朝の黒板メッセージ

NO.26「26時間時計」

おはようございます。今日の目標が机・椅子の整頓だったので、今朝改めてキレイに直しませんでした。どうですか?いつもと同じように見える人は、いつも何となくしか見ていないということです。ついに少しでも違和感を抱いた人は、感覚が研ぎ澄まされてきたということです。

東京、早稲田の予備校に設置された時計が話題になっています。それはアナログ時計で13時まである時計です。1日は24時間ですから、12時までしかないはずなのに、なぜ13時まであるのでしょう。そしてその時計は「5」「13」だけ赤字になっていて、針がその2つを示しているのです。この意味はいろいろあるかと思いますが、大切なことはその意味を考え続けること、私が伝えたいことを気づいてくれる人はそろそろ現れるのでしょうか。

 

令和元年5月17日 朝の黒板メッセージ

NO.25「縮む月」

おはようございます。そろそろ野外活動までのカウントダウンを始めようと思って、計算したらあと19日でした。みんなが中途半端な気持ちでテキトーにやっている姿を見て、誰も動かないまま終わっていく。まさに私が思い描いていた失敗のシナリオ通りです。目の前のことに一生懸命になれない人は、何も得られないまま中学卒業ですね。かわいそうに。

今日の話題は、アメリNASAからです。 記事にはこんなことが書かれていました。

『月は徐々に縮んでおり、その結果、月面に「しわ」ができたり「月震」が起きたりしている』

最近はあまり月を見ていないので、今夜久々に見てみようかなと思います。同じものを見ていても、どこから見るか、どういう視点で見るかによって、見え方は変わってくるのだと改めて気づきました。

 

令和元年5月16日 朝の黒板メッセージ